プレス加工は軽くて薄い小さいパーツを大量作成するのに向いています

プレス加工の利点

男の人

プレス加工とは何か

プレス加工は金属加工の中でもメジャーな方法で、上型と下型と呼ばれる二つの金型を利用します。金属板をこの上型と下型で挟み込み、圧力をかけて型抜きをしていきます。1度金型を作成すれば大量に生産ができるということから、同じパーツを大量に制作する時などに向いています。

材料のロスが少ない

金属の平板から製品の型抜きをしていくため、鉄くずなどのスクラップを出しにくいのもプレス加工の魅力の一つです。殆ど余りが出ないように型抜きをしていくので、材料が無駄になり辛いです。

同じ材料で異なる種類の製品を同時に作れる

プレス加工では金型を使い分けることで、同じ材料を使って、複数の異なる形状の製品を同時に作ることも可能です。異なるパーツを一気に量産できることで、かかる工数も他の加工方法より少なく済ませることができます。

軽くて薄い小さい製品を作り出すことができる

金属板を使うので、他の加工方法よりも軽くて薄いパーツを作り出すことができます。大きいパーツを作るよりも、小さいパーツを大量に作ることに向いている加工方法です。

プレス加工の分類

型抜き以外にもプレスして加工する方法があり、「絞り」は金属板を器のように曲げて加工します。「曲げ」も同じように金属を曲げて加工していきますが、鋭角に折り曲げたり、丸く折り曲げたりなど依頼内容によって曲げ方を変えていきます。

広告募集中